Meat Meets Meat

sometimes Vegetables
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

あっというまに過ぎる過ぎる

おひさしぶりです。βです。
9月からいままで仕事しかしてないんじゃないかってくらいの働きっぷりに我ながらびっくり。βです。
9月から年末までは、忙しいながらもひとつの仕事にどっぷり浸かるという贅沢な状況を作っていただいていたのですが、年始早々待ったなしのマルチタスク。
無理だよ向かねえよの声はあえて無視の過酷な状況に身体が切実に栄養を欲し、みるみるうちにまた肥えた。おかげさまで風邪もひかず元気にやっとります。


魔物。魔物とは仲良くやっています。
歌ったり踊ったり泣いたりわめいたり走ったり歩いたり笑ったり笑い転げたりしながら、仲良くやっています。
魔物が以前、別の方とおつきあいしていた頃。わたしが必死でこちらに振り向かせようと東奔西走していた頃。あれは3年前の、いまと同じ2月だったと記憶しておりますが、なんとその頃のわたしの1か月の残業時間4h。20日ほどの出勤日数に対し、たったの4h。期末なのにもかかわらず4h。

いま考えると、うまくすり抜けられてたなあと感心します。
あの頃の自分リスペクト。そんな毎日のように魔物に会えたわけではもちろんないですが、早く帰って万が一の事態に備えるというその姿勢がすばらしい。
いまや日々4hの残業です。なさけない。
いまも昔も変わらずにわたしは、「仕事<余暇」なのに。

こないだ節分でしたね。
節分の日、魔物が家に来ていたのですが、わたしは例によって1時近い帰宅でした。
そしたら!恵方巻きと豆が!置いてて!カウンターの上に恵方巻きと豆と一言手紙が!
「仕事に忙殺されて家庭を顧みず、最終的に妻に捨てられる夫」
が、脳裏をよぎりました。恵方巻きを半分に切ってひとりで食べました。
節分・・・したかった。

「止まない雨はないし、明けない夜はない」
と念仏のように唱えながら、3つの案件の納期がまるかぶりな2/25(金)を心待ちにしています。
2/25を越せば・・・越せば・・・!

太ったことに加え、疲れ果てて肌に張りがないことを理由に、
「β、最近ひどい、やばい」
と本日会社で言われました。
「仕事に忙殺されて家庭を顧みず、最終的に妻に捨てられる夫」
であればこんなこと言われないのでしょうが、わたくし腐っても枯れても女なもので、そんなことまで気をつかわねばならぬようです。ああもう。もう。

長くなりました。腹が減りました。
忙しいということはあまり理由にはならないと思いますが、不義理をしている方に、生きてますよ元気ですよ、ただちょっといま時間がなくてすんません、と伝えたかったのです。
わたしより忙しい人なんて山のようにいるし、独り身のわたしと違って家庭がある人の方が大変だろうなあとよく思います。日々、待ったなしだもんなー。

なんだかんだ言っても働く場所があるってことはありがたいことです。さらに、なんといっても健康です。
なので、「いまが一番いい時期!」と思っています。ここ何年かずっと思っています。

さあ、次は明るい話題を。もっとあたたかい季節に。
明日もいっちょやったるかー。

なんと!

 家を買いました。

ちなみに!独身!
やっほーい。

「負け犬がなんたら」
とか言われたりもしましたが、むしろ!
これからモテまくりじゃないかと。

だって家つきですよ。
すげー。β(家つき)ですよ。すげー。

なんの知識もなくても、家って買えるもんなんだな、と。
迷ってるひとにはちょっと悪い助言。
必要なのは勇気と、元を取ってやるという、生きる気力のみだと思いました。

31歳。
引っ越し回数8回目にして、3回目の7階です。
707は、9年ぶり2回目です。
遊びにきてね。

松の内があけました

 あいかわらず、ユニクロにばかり行っています。
恋人も、ユニクロに感化されつつあります。すばらしいことです。


今日は昼すぎに起きて先週途中までしか観ていなかった龍馬伝の続きを観て家の掃除をし、お正月に買った福袋に入っていた家具にニスを塗りました。
そのあとトイレの芳香剤と洗濯洗剤と食料の買い出しのために出かけ、ついでにマンガでも買ってこようかと思ったのだけれどほしかったマンガがなかったので家に帰り、カブと豚肉の煮物を作って食べました。

何年も前に教えてもらったこの料理は、いまのところわたしが作る料理のなかでもっともおいしくできると思っていますが、本日もすばらしくおいしくでき、満足です。
あまりにおいしかったので、残り汁にじゃがいもと玉ねぎとにんじんと豚肉を入れて肉じゃがにしました。味付けは同じなので。
常備菜としてカブの葉を塩と味の素で炒めたものと、ひじきの炒め煮も作りました。これでしばらくは、ちゃんとしたものが食べられそうです。
すべての野菜の中で、たぶんカブがいちばん好きです。白いところも、緑のところも、完璧においしい。二番目はセロリかな。

今日はほんとうは図書館に行きたかったのだけど、起きるのが遅くて行けませんでした。
明日は午後から排水溝の掃除の人が来るし、早起きしてもう一度ニスも塗りたいし、用事は早く済ませて図書館と散策に行こうと思います。
わたしの住む町からいちばん近くの図書館はとんでもない坂の上にあるので、引っ越してから3ヶ月以上たつのに、まだカードも作っていません。この機会にカードを作って、この連休中に読めたらいいな。

引っ越してからパソコンを繋ぐのがおっくうで、1ヶ月以上パソコンのない(あるけど繋いでいない)生活をしていました。
パソコン机を実家に送ったため、デスクトップのパソコンじゃなくてノートの方がいいなと思い、小さなノートパソコンを買って繋いでみたのですが、小さいパソコンは思っていた以上に使い勝手がアレで、日記を書くことからも遠ざかっていました。
引っ越し先は、嘘のように快適です。なんとひとりで2部屋も専有。富豪のようです。ネズミも出ません。車が通っても揺れません。
12年ぶり?に県民になりました。18年ぶり?に市民になりました。

まだこの家で秋と冬のふたつの季節しか過ごしていませんが、とても気に入っています。引っ越してよかった。
前のように写真を載せたりしてみたいのだけど、パソコンが変わったため、そういうソフトが入っていなくて画像のリサイズができません。最近カメラ買い換えてキレイな写真が撮れるようになったのに。残念です。

今日は荷物が重かったので、ユニクロには行きませんでした。
明日は行ってしまうかも。
あいかわらずわたしは、元気にしています。今期はまだ風邪をひいておりません。

4年前は知らない場所
 さて、本日は高円寺最終日です。


なんと、東京都最終日です。

むかしむかしの日記に、「横浜は住むところではなく、たぶん、デートする場所だ」と書いたことがあったような気がする、その横浜に住むことになりました。
日々、デート気分で。で?

今日は会社に行きました。
休む予定だったのですが、どうしても今日中にしなければいけない仕事があったのと、シルバーウィーク前にお世話になった後輩に出張(帰省)のおみやげを渡したくて。

「あれ?なんでいるの?俺に会いに?(課長)」
「そう!もちろんそうです!会いたくて会いたくて!てか髪伸びましたね」

髪伸びましたねやら痩せましたねやら、1週間ぶりの方々に挨拶をしておみやげを渡して仕事や引越しにともなう会社の手続き(申請)をして、さて帰ろうかなと思っていたら日ごろお世話になっている先輩登場。

「あれ?なんでいるの?引越しは?」
「あ、今日やることがあったんで来てみました」
「いや〜もう最後だねえ東京」

わたしをセンチメンタルにさせようと、あの手この手で攻めてきます。

「都落ちだね、もう戻れないね」

そう聞くと、なんかちょっと悲しい感じ。
都落ちとは思わんけど、慣れ親しんだうるさい青梅街道と丸の内線を離れるのが、寂しい感じ。
前に越えたのが環七だったから、次に越えるのは環八だろうと思ってたけど、環八どころか多摩川を越えました。西へ西へ。鶴見川も越えました。

新宿でお菓子を買って、階下に住む大家さんに挨拶に行きました。
大家さんはおばあちゃんなので、座っていろいろとお話しました。
ここはほんとうにいいとこだったなあ。終の棲家にしてもいいと思ってたくらい、いいとこだった。

わたしは東京のことなんて、10年前はなにひとつ知らなかったし、足を踏み入れたことさえなかったのに、知らなかった場所がどんどんなつかしい場所になっていく。なつかしい場所が増えてくる。
生きていくってことは、知らなかった場所がなつかしい場所に変わることなのかなと、最近よく思います。

引越しはたぶん、最後ではないと思います。終の棲家を見つけるのは、まだ先なんだろうと思います。わたしはこれからもなつかしい場所を増やし続けていくんだろうなあ。
いろんなことがあるんだろうなあ。いろんなことがあればいいなあ。

今日は夕暮れがとてもきれいでした。なんと月まで出ていました。
明日もきれいとは限らない空を、今日見られたことが、素敵なことだと思いました。
この夏は
 狂ったように仕事ばっかりしていたけど、がっつり食べていますので今年も夏バテ未体験のまま8月が終了しそうです。


夏好きで冬嫌いの友人が
「冷夏はほんとに寒いけど、暖冬はぜんぜんあったかくないよね。ずるい」
と言っていましたが、冬好き夏嫌いのわたしは、その真逆のことを思います。
今年は冷夏だっていう話だけど、じゅうぶん暑かった。わたしが野菜だったら、値上がりなんかしないのにな〜。

書いてませんでしたがこの夏は富士山に登るという計画をしていました。広島から友達(夏好き冬嫌い)も呼んで、4月の終わりくらいから異常に盛り上がっておりました。
しかし!悪天候で中止!暑いくせに!冷夏のばかやろー!
富士山のために買った数々のアウトドアグッズはすべて地震避難用のサバイバルグッズとなりました。軍手とか圧縮袋とか、ちょう役立ちそう。地震は怖いですが。

まだまだ狂ったように仕事をする日々は続くので、油断はできないのですが、夏が終わりかけてることに油断して風邪などひかないように気をつけようと思います。わたしはいつも、季節の変わり目に2回くらい小さい風邪をひいて「えー」ってなるので、いまが堪え時。

そういえば引っ越しするかもしれません。
引っ越しは、たぶんします。どこに行くかは、まだ未定。
いま迷っている物件ですが、日当たりがすごく悪そうなのだけが唯一の気がかり。晴れた休みの日に家にいたら、洗濯はしなくても布団は干したいわたしなので、日当たりだけが気になるところ。布団乾燥機っつーのは、そんなにいいのかねえ。

いずれにせよ、長く親しんだこの丸の内線沿線から離れることにはなるんだと思います。
さみしいなー。きっと最初の1週間くらいはホームシックになるんだと思います。いまのところがイヤなわけじゃないし。ただ単に別の環境に行きたくなっただけだし。
でも環境適応能力の高いわたしのことなので、1週間もすぎれば家帰って靴下脱いだだけでリラックスできるようになるんだと思います。

女って切り替え早いっていうじゃんか。

いまよりも広いお部屋に住めることになったら、どんどん遊びにきてね。ご心配なく。一人暮らしです。あの、買うわけでもないです。借りるつもりです。
急に引っ越しを思い立ったので、9月に広島に帰る予定はなくなりそうですが(もしかするとお正月も)、引っ越しってやっぱり心躍るよね。大金が出ていきますが、こんなときのために貯金してたんだと思えば!なんとか心を静められそうです。
ああ、カーテンとか選ぶの楽しそうだなあああ。ニトリ!ニトリ!IKEA?
今度のおうちはネズミが出ませんように。

魔物はちょいと胃が悪いです。
完全に治るのには時間がかかりそうだけど、はやく治りますように。長生きしますように。
さて、明日が山じゃ。鼻血出ない程度に、がんばります。
みなさまも良い8月最終日を!
あのころのように


ひとりごとのようなことを書き溜めていた時期があって、ずいぶんぶりに読み返してみました。


とても些細な、すくなくともそのときは些細だと思っていたことも、読み返してみると「ああ・・・」と思うようなことだったり。
「こんな話したっけなあ」とか「こんな夢をみたんだっけなあ」とか、書いていなければ忘れてしまって、もう二度と思い出さないようなことを、天気や温度と一緒に思い出しました。

ひとりごとはひとりごとなので、誰に聞かせるわけでもないので、静かに忘れてしまうのが常なのだとは思うけど、忘れたくなかったことを、忘れないように書いておいてよかったなあ。

あのころの自分に恥じぬよう、素直に生きたいと思いました。

写真は初心を忘れぬよう、自戒として昔の家の台所と5年前のいまごろの写真。
太っても痩せてもそう変わらんと思ってたけど、さすがに8キロほど太ると人相変わるね。25歳(!)だしね。
あじさい繚乱
 
日記を書いていなかった間にあったいろいろなこと(2)
 その(2)です。


-------------------------------------------------------------
・広島から毎年恒例・おさななじみがやってきた!
 (1日目:ディズニーランド/2日目:築地→錦糸町→原宿→新橋/3日目:築地→新橋)
-------------------------------------------------------------
・なんとディズニーランドに行くのは10年ぶり(おさななじみは初!)
・公式ホテルの構造が気になる(広すぎないか?)
・ディズニーのキャラクターではないクマのぬいぐるみを持ってる人を多数見かけた(なに?)
・入ってすぐにミッキー&ミニーにもプーさんにも会えた
・ビッグスターにびびって、遠巻きに写真を撮った
・一緒に撮ってもらったのはピノキオとメリーポピンズ
・はじめてファストパスってやつを使った
・外食で肉を食べるときは鶏肉のコストパフォーマンスに注目
・スプラッシュマウンテンのじらし方がエロい
・がんばって乗ったわたしえらい
・プーさんのハニーハント、すごい!
・マイベストアトラクションの堂々1位に輝いた(プーさん以前はホーンテッドマンション)
・やっぱり昼のパレードがすばらしい
・泣かないおさななじみが、ちょっと泣いたくらい
・ジャングルクルーズは「当たり」の人だった
・やっぱりサファリパークのバスに似てる
・えー、白雪姫・・・
・白雪姫、どうなん?
・修学旅行生の中に自分のかわいさに気づいていない子がいて、地団駄
・ものすごく垢抜けないけど、土台が異常にいい!よすぎる!
・おしえてあげたい!あんたかわいいっておしえてあげたい!
・あの子は自分がすごくかわいいって気づかないまま青春を送っていくんだろうか
・それについてしばし悶々とする
・ゴーカートが以外におもしろい
・白雪姫よりはぜったいにおもしろい
・白雪姫・・・
・いまディズニーランドはモンスターズインク押し
・でもモンスターズインクよりゴーカートを押したいわたしたち
・バスで新宿まではちょうラク
・1日遊んで電車はしんどかろうなあ
・バスの中になぜか力士がいた
-------------------------------------------------------------
・築地場内は広すぎてどこに冷凍マグロがいるのか今年もわからず
・しかし洋食たけだ(場内)のトロステーキがおいしかった!おいしすぎた!
・ぜったいまた行く
・今度はほほ肉ステーキを食べたい
・おさななじみが実家へのおみやげとしてテリー伊藤実家の卵焼きを購入
・とにかく干物がおいしそうでたまらん
・錦糸町から歩いて本所防災館へ行き、暴風雨・地震・煙体験など(この旅の第2メイン)
・地震の映画、3Dで怖すぎリアルすぎ
・東京で地震があったら、わたしすぐ死ぬと思った
・とりあえず家の中ではスリッパ履かんといかん
・暴風雨体験でありえないほど濡れた(わたしが)
・おさななじみ、それを見て不謹慎なほど爆笑
・案内の人に「βさん大丈夫ですか?」と言われタオルを渡してもらった
・案内の人的にもありえないほどの濡れっぷりだったみたい
・暴風雨はまともに受けると息ができず溺れるということがわかった
・非常口についての説明がとてもためになった
・煙も怖い
・震度7の地震があったら、ほんとなんもできん
・地震があるとわかっててもテーブルの下に隠れるので精一杯
・目の前しか見えない
・一緒に体験した関西からの修学旅行生が、阪神大震災のときに生まれてないって・・・
・彼らの倍以上の歳のわたしたちって・・・
・彼ら彼女らの中にも片思いやら両思いやらあるんだろうなあと思うと甘酸っぱく興奮する
・消火器体験で火を消せないわたしとおさななじみ(と中学生2名のチーム)
・ひとやすみして原宿に移動
・表参道ローソンのトイレ、激混み
・原宿のH&Mは銀座のソレよりもだいぶ若々しい感じだった
・ユニクロより安いのかどうかが判断基準
・勝負はイーブンというところか
・FOREVER21はバーゲン会場のようだった(平日なのに)
・でも最高
・FOREVER21でテンションがあがりまくってちょっとやばかった
・Tシャツ2枚購入
・おさななじみは3枚購入(なんと、うち1枚はドレス!)
・わたしもあのドレスほしい
・FOREVER21で時間を使いすぎて、新橋のカタログハウスの店の閉店時間に間に合わず
・コンビニ立ち読みで時間をつぶして魚金(おさかな系居酒屋)へ行く
・魚金、さすがのコストパフォーマンス
・いつか別途日記書きます
・天ぷら盛り合わせ580円、ありえないおいしさ
・でも去年より劇的に食べる量が減ってるわたしたち
・年齢を感じて、すこし切ない
・最後に頼んだ釜飯(2合分)はさすがに食べられなかったので持ち帰り用にしてもらった
・大満足
-------------------------------------------------------------
・3日目の朝も築地へ
・わたしも干物を買う
・おさななじみも自分用に魚介類をしこたま買う
・休憩所で休憩したあと、「やっぱり・・・」と言ってさらに買う(鮭のカマ)
・2日目に行けなかった新橋のカタログハウスの店に移動
・通販生活に載ってるさまざまな良いものを見る
・米と梅干の試食をする
・さすがの米!梅干!
・いいなと思うものはやっぱり高いので、なにも買わなかった
・通販生活の長年の愛読者であるおさななじみは満足してくれたみたい
・よかった
・午後から会社なので新橋で別れる
・おさななじみは京急で羽田へ(大量の魚介類とともに)
・干物を持って会社へ(冷蔵庫に入れました)
・干物を持って魔物宅へ
・魔物リクエストにより、キンキを焼いて食べる
・人生初キンキ!うまーい!
・しかし翌日に食べたカマスのおいしさといったら・・・
・カマス!さいっこーだ!
・築地、近々また行きたい
-------------------------------------------------------------

とりあえずおわりです。
なんだか結局いつもより長くなったかも。
箇条書きを最後まで読んでくれた方、ありがとう。長く書いてなかったので、感覚が取り戻せたらいいなあと思っています。近いうちに。
日記を書いていなかった間にあったいろいろなこと(1)
 書ききれないので思い切って箇条書き。


-------------------------------------------------------------
・人生初海外渡航☆韓国へ行った!
 (1日目:すぐホテル/2日目:明洞→東大門→南大門/3日目:南大門)
・南大門がちょうおもしろかった
・どうやら東大門ではボラれたっぽい・・・
・そのぶん南大門では交渉しまくった!
・南大門ちょう楽しい
・なんならもう、ちょっと住みたい
・ハングル文字が読めたら!と切実に思った
・英語がしゃべれたら!と痛切に思った
・金浦空港はちょっと仙台駅に似てた
・全体的に香草(?)の匂いが漂っていた
・トイレの便座が日本のソレよりすこし小さめサイズだった
・次行ったらぜったいベルトを買う!
・テンションがあがりすぎ、最後には手持ちのウォンがなくなって半べそ
・おみやげをたくさん買えて満足☆
・韓国海苔を買いまくった(18パック入りのを4個+おまけで24パックくらい)
・出国直前に魔物がでっかいスーツケースを買っててよかった
・帰国以来パックを配りまくっている
・パックはこれから会う予定の女性の方にはなくなるまで渡し続けるよ
-------------------------------------------------------------
・大阪から友達がやってきた!
 (1日目:吉祥寺/2日目:浅草→東向島→銀座)
・ゴールデンウィークの浅草を体験してみた
・尋常じゃない混みっぷりにちょっとひいた
・浅草行ったのにスペイン料理を食べた(おいしかった)
・言問通りは空いてる
・ゴールデンウィークの東向島、ちょう空いてる
・初☆東武線に乗った(ちょっとだけ)
・ムルギーランチはやっぱりおいしい
・しかしムルギーランチ以外を非常に頼みづらい
・全国どこに行ってもプロントはわたしの味方
・有楽町プロントの窓際4人席、最高
-------------------------------------------------------------
・魔物ハッピーバースデー♪めでたい!
・Photoback(http://www.photoback.jp/)で写真本をつくった
・今年も魔物の絵を描いた(冷蔵庫に貼った)
・コージーコーナーのケーキをはじめて食べた
-------------------------------------------------------------

直近の記憶が鮮明で長くなりそうなので、記事分けます。
(2)へつづく。
愛の告白に関して思うこと
 愛の告白。


ってしたことありますか。
恋人同士の「好き好き〜♪」という睦言じゃなくて、「こいつに惚れた!」という若干ムリめな相手にイチかバチか真っ向勝負でぶつかってみる、アレ(好きです!つきあってください!)のことですよ。呼び出しとかなんか、そういうアレのことですよ。
わたしはあります。一度だけ。

結果ふられたので堀江淳のメモリーグラス(あい〜つなん〜かあい〜つなん〜か♪)熱唱、という惨劇(?)と相成ったわけですが、「もうしないんじゃないかな」と思ういま、「しといてよかった!」と真剣に、心から思います。
さっき当時のことを思い出してみたのですが、いま思い出してもドキドキする。甘酸っぱい思い出とかいうんじゃなくて、なんかヒヤヒヤするのです。
ああいうの、できればもうしたくない。だから、心底「しといてよかった〜」と思うのです。

ふられてなければこんなにヒヤヒヤしないのかもしれません。天にも昇るよーなシアワセな記憶とともに、甘酸っぱい思い出にもなったのかもしれません。
いや、甘酸っぱいのもあるよ。ちゃんとあるよ。でも甘酸っぱいのって、そこの部分じゃないんだよね。もっと片思いで盛り上がってる時期。

わたし、電話だったんですけど、なんかもうちょっと電話ってだけでレベル下がって若干チキンっぽいですけど、校舎裏とかに呼び出して真っ向から「付き合ってください!」って言える人って、どんな神経(良い意味で)してるんだろうと、心の底から感心します。すごい。
なんかもう、それだできただけで人生における大舞台すべてやってのけられるのではないかとすら思う。スピーチとか。

わたしはスキーのときに「転んだところでたかが雪」と思って滑るんだけど、そしたらわりとうまくいったりするんだけど(転ぶけど)、告白もそうなのかな。
「ふられたところでたかが人」って?思えば平気なのか?どうかなー。

オトナになるとわりと誰でも計算上手になって、ただ好きだと伝えるにしてももっとうまいやり方があるということを知って(経験則)、痛みに鈍感なふりをしてるぶん、ほんとに痛いことに弱くなってるから自己防御力も働いて、あーんまり正統派の(少女マンガ的な)告白ってしなくなるような気がします。
そんなわたしも、たぶんもうしないんだろうなと思うけど、だからこそ、若いときにやっててよかった!と思うことのひとつなのだろうと思います。

「(この先もうしないだろうから)若いときにしとけばよかった・しといてよかった」
と思うことが増えていくことで、ひとつひとつ、おばちゃんになっているのだろうなあと感じます。
わたしは、おばちゃんと言う言葉をまったく否定的にとらえていないという前提で。

(※)
メディアでは「ステキなおばあちゃん」が取り沙汰されており、女性はそれを目指しがちですが、「ステキなおねえさん」からすぐに「ステキなおばあちゃん」にはなれないのだから、まず中継点である「ステキなおばちゃん」になることからスタートだよと、若いお嬢さんがたに言いたい。
(たぶん何度も書いてます。すんません)
new | toppage | old >>
Admin | RSS1.0 | Atom0.3
Powered by JUGEM | (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.